HOME > はじめて畳を買う方へ

はじめて畳を買う方へ

畳、ヘリなし琉球畳、置き畳、カラー畳

ひとことで「タタミ」といっても、色々な種類があります。 はじめて畳を買う方や畳の知識を身につけておきたい方のために。
わかりやすく4つのカテゴリーに分類してみました。

カラー畳、デザイン畳

畳
最も一般的な畳替えのスタイル

畳の材料に天然のい草を使い、丈夫で長持ちするように両端にヘリをぬいつけた日本伝統のスタイル。 今ある畳の傷み具合によって、「表替え」「新畳」「裏返し」の3つの工法が選べます。


3つの畳替えの工法

今ある畳の傷み具合や経過年数によって、「表替え」「新畳」「裏返し」の3つの工法の中から、最適なものを選んで施工します。
良いものを長く使うという先人の知恵です。

畳の上の(畳表)だけを張り替えます。畳の土台(畳床)はそのままです。

前回の畳替えから、5~10年が「表替え」の目安。畳床はそのまま使うので、ローコストで畳がキレイになります。

畳の上の(畳表)も畳の土台(畳床)も新しいものにします。

前回の畳替えから、10~20年が「新畳」の目安。 古い畳を入れ替えるときや、新畳、リフォームの時にイチから新しく畳を作ることです。

畳の上の(畳表)をひっくり返して裏側を表側としてつけ直します。

前回の畳替えから、3~5年が「裏返し」の目安。畳表が傷みすぎていると、裏側も汚くなっている可能性があります。


表替えの商品を見る

新畳の商品を見る

裏返しの商品を見る


ヘリなし琉球畳
ヘリなし琉球畳

ひと味違うオシャレでカッコイイ和室を作りたいなら、「ヘリなし」の琉球畳がおすすめ。
ヘリを付けずに畳表を折り曲げて加工します。 半畳を縦横交互に敷き詰め、光の当たり方により、い草の質感と濃淡が浮き上がります。

ヘリなし琉球畳の商品を見る

置き畳
置き畳、その他のアイテム

畳の材料に天然のい草を使い、丈夫で長持ちするように両端にヘリをぬいつけた日本伝統のスタイル。
今ある畳の傷み具合によって、「表替え」「新畳」「裏返し」の3つ工法が選べます。

置き畳、その他の畳アイテムを見る

カラー畳
カラーデザイン畳

畳の表面が緑色の天然い草ではなく、黄金色や市松柄模様、 ピンクやえんじ色、等々。
畳の使い心地や機能性そのままに、現代の生活スタイルと空間デザインにあわせたアレンジを楽しめます。

カラーデザイン畳の商品を見る

家具の移動は無料サービス

移動はおまかせください

どうぞ、私たちにおまかせくださいませ。
力自慢なことはもちろん、色んな小道具や部屋と家具のバリエーションに応じたやり方があるんです(エヘン!)
まあ、見ていてください!



ページトップへ戻る